ライバルである怪盗ヒゲ男爵との最後の対決に臨む為に、ヒゲ男爵の隠れ家に潜入し、

一番奥にある部屋へとやって来た怪盗バタフライ仮面。

 

しかし、扉がバタンと閉まり、閉じ込められてしまいます。

 

バタフライ7

しまった!罠だわ!

すると、部屋に催眠ガス弾が投げ込まれ、ガスが噴き出します。

 

バタフライ7

ゴホッ、ゴホッ、いけない。このガスを吸い込んじゃ。

バタフライ仮面は手で口と鼻を覆いますが、

そんなに長く息を止めていられるはずもありません。

 

バタフライ7

ああっ!もうダメ・・・。

ガスを吸い込み、気を失って、その場に倒れてしまいます。

 

そして、ヒゲ男爵とその手下が、ガスマスクを着けて部屋へと入って来ます。

 

ヒゲ男爵

よし、連れて行け。

ヒゲ男爵の手下によって地下牢へと連行されるバタフライ仮面。

 

そして、数時間後、ガスの効果が切れて、意識が戻ります。

 

バタフライ7

ハッ!ここは?

気が付くと、両手には天井から吊るされた手枷、両足首には足枷が付けられていました。

 

ヒゲ男爵

気が付いたかね、怪盗バタフライ仮面。

バタフライ7

ヒゲ男爵、私をどうしようというの?

ヒゲ男爵

君には人体実験の実験台になってもらう。

バタフライ7

そんなバカな!

ヒゲ男爵

実験の準備が整うまでにはまだ少し時間がある。

それまでここでおとなしくしているんだな。それじゃ。

バタフライ7

早くここから脱出しなくては・・・。

しかし、もがいたところで手枷は外れず、バタフライ仮面に刻一刻と最期の時が迫ります。

 

果たしてこの後、バタフライ仮面はどうなってしまうのでしょうか?

 

怪盗005

イラスト by ささきりんく



 

怪盗016

イラスト by ねもこ



 

※このお話の続き「投げキッスでメロメロに・・・」もどうぞ。