女子中学生怪盗セイント・シーフは、「幻のティアラ」を求めて

盗賊のアジトに忍び込んでいました。

 

セイント(有)

これが、幻のティアラね。いただきっ。

手下2(改)

コラッ!待てーっ!

セイント(有)

だ~れが待つもんですか。

セイント・シーフは、アジトの中を疾風のごとく駆け回ります。

 

手下2(改)

くそっ、なんて逃げ足の速さだ。

しかし、アジトの構造をよく分かっていなかった

セイント・シーフは逃げ場を失ってしまいます。

 

セイント(有)

しまった!行き止まりだわ。どうしよう。

手下2(改)

もう逃げられないぜ。お嬢ちゃん。

いい子だからそのティアラを返してもらおうか。

セイント(有)

イヤよ。

手下2(改)

言う事を聞かない子はお仕置きだぜ~。

そう言ってセイント・シーフに襲い掛かります。

 

しかし、セイント・シーフは抜群の跳躍力で突進をかわすと、

手下は顔面から壁に激突してしまいます。

 

セイント(有)

あ~ら。ごめんなさいね。こんなに高く飛んでしまって。

手下は気を失って、その場に倒れてしまいます。

 

セイント(有)

でも、一体どうやってここから出ればいいの。

すると、壁にぽっかりと空いた小さな穴を発見します。

 

中を覗いてみると、その穴は1階まで続いていましたが、暗くて下の方はよく見えません。

 

セイント(有)

何なの、この穴?よく分からないけど、

でも、こうなったら、この穴から逃げるしかないわね。

セイント・シーフは覚悟を決めます。

 

セイント(有)

この下に何があるのか分からないけど、

神様、どうか私をお守り下さい。

手を組んで祈りを捧げると、セイント・シーフは、その穴へと飛び込みます。

 

彼女が飛び込んだ穴は、なんと以前まで使われていたダストシュートの投入口だったのでした。

 

そして、その直後に手下達がやって来ます。

 

手下1(改)

チッ、行き止まりのはずなのに、一体、どこへ逃げやがったんだ。

しばらくは辺りを探し回っていましたが、ダストシュートの存在を

すっかり忘れていた手下達は、それに気付かず引き上げてしまいます。

 

そして、気になるのは数メートル下まで真っ逆さまに落ちたセイント・シーフです。

 

しかし、ダストシュートの1階部分には大量の発砲スチロールが積んであった為、

それがクッションとなって、セイント・シーフは傷一つ付かずに済んだのでした。

 

セイント(有)

やったーっ!私って超運がいいーっ。

きっと神のご加護があったんだわ。

そして、奪ったティアラを着けてみます。

 

怪盗035

イラスト by ねもこ



 

セイント(有)

お姫様みたいで、もう最高!へへへっ。

まだまだ荒削りではありますが、今回も無事、盗賊から

お宝を奪う事に成功した怪盗セイント・シーフなのでした。