怪盗バタフライ仮面は、今日もお宝を求めて、夜の街を蝶のように舞っています。

 

今日のお目当ては、ヨーロッパから展示会用に輸入されたローマ時代の古びた王冠。

 

きらびやかな宝石が散りばめられた王冠は、見る者を魅了する不思議な輝きをまとっています。

 

「幻惑の王冠」の異名を持ち、手にした者へ

至高の幸福を約束するという言い伝えがあるそうです。

 

バタフライ仮面は、鼻歌を歌って、ご機嫌です。

 

鼻歌まじりで厳重な包囲網をかいくぐってしまうのですから大したものです。

 

王冠を保管している美術館に侵入したバタフライ仮面は、

警備員が1人になった隙をついて背後から忍び寄ります。

 

そして、ハンカチに含ませた薬をかがせて気絶させ、

その警備員が着ていた制服を剥いで自分が警備員に成り代わります。

 

「ごめんなさいね、おやすみなさ~い」

 

伸びた警備員を倉庫に寝かせて、バタフライ仮面は保管庫へ向かいます。

 

保管庫前には、2名の警備員が立っていました。

 

「どうした?交代の時間にはまだ早いが・・・」

 

「大変です!先ほどバタフライ仮面から幻惑の王冠は頂いたと

犯行声明がありました!急いで中を確認しなくては!」

 

バタフライ仮面の発言に、警備員2人は慌ててロックを解除しました。

 

分厚い扉が開いた先には、ちゃんと幻惑の王冠が保管されています。

 

「特に問題は無さそうだが・・・」

 

「いえ、バタフライ仮面が偽物を代わりに置いていった可能性があります。

ちゃんと確認しましょう」

 

警備員2人は言われるがままにロックを解除していき、

バタフライ仮面扮する警備員が王冠が本物であるか手にして確認しました。

 

「確かに本物のようですね」

 

「良かった!じゃあ、何かの間違いだったんだな。引き続き気を引き締めて警備にあたろう」

 

「いえ、その必要はありません」

 

「どういうことだ?」

 

王冠を手にしたバタフライ仮面は、着ていた警備員の服を脱ぎ捨て、正体を現しました。

 

「おっ、お前は怪盗バタフライ仮面!」

 

「お二人とも、ご協力ありがとう。幻惑の王冠は確かに頂いたわ。」

 

「チッ、騙しやがったな。コイツを捕まえろーっ!」

 

「そうはいかないわ。あなた達にも眠ってもらうわ」

 

先ほどの警備員を眠らせた要領で、薬を含ませたハンカチを

それぞれ警備員の顔に投げつけます。

 

「うおっ!」

 

強烈な薬の為、2人の警備員は一瞬で眠ってしまいます。

 

「じゃあね。風邪引かないでね~。バイバ~イ」

 

風船から伸びた縄梯子につかまり、美術館を後にするのでした。

 

怪盗041

イラスト by りるくてぃ