怪盗バタフライ仮面の「めぐみ」で~す。

 

第1話」と「第3話」に登場した「裏の手配書」。

 

これは、一般的な手配書と違って、私が独自に作成した物。

 

犯人の顔写真や本名・住所はもちろん、盗まれた物、盗まれた場所、

持ち主の名前、犯行の経緯、証拠などなど、

100%犯人逮捕につながる情報が書き込まれているの。

 

警察官がコレを見れば、一発で逮捕となるのは間違いナシ。

 

こういった情報は、警察署内や私独自の情報網を使って手に入れているんだけど、

警察署内では、過去の犯罪歴を持った人などを調べられるから便利なんだ~。

 

警察官で良かった^^

 

そして、私の次のターゲットも既に決まっているの。

 

お宝の隠し場所、建物の構造、侵入経路、逃走経路、防犯設備等は全て下調べ済み。

 

予告状も出した事だし、準備万端。

予告状を出す理由1

 

えっ?なぜ、予告状を出すかって。

 

かえって警備が厳重になって逆効果と思われるかもしれないけど、

それは、私が怪盗の腕に絶対の自信を持っているから。

 

コッソリ盗むなんて、つまんない。

 

大勢の警察官や警備員が集まる中、お宝を盗み出す事に面白味があるの。

 

私を捕まえようとする人と勝負するのが、とっても楽しいの。

 

捕まった事なんて一度も無いし、そんな中、

盗みを成功させた時の感動は何ものにも代えがたく、

大勢の人に怪盗バタフライ仮面の名を知ってもらう事が出来る。

 

それが、予告状を出す1つ目の理由よ。

怪盗バタフライ仮面の衣装は魅惑のアイテム

 

そして、盗みをする前には正体がバレないように怪盗の衣装を着て変装をするの。

 

この格好なら、普段の私(めぐみ)である事は分からない。

 

また、昼間、警察官をしている時は、職業柄、メイクも地味なものしか出来ないから、

夜ぐらいオシャレをして楽しまないとね。

 

シルクハットにマント、長手袋にロングブーツ・・・、そして、バタフライマスク。

 

怪盗バタフライ仮面のアイテムは、どれも素敵なデザインの物ばかり・・・。

 

華やかで派手な格好が怪盗にはよく似合うわ。

予告状を出す理由2

 

私が盗む物は、いつも盗品と決まっているの。

 

盗まれた物を本来所持するべき人に返し、盗んだ人に鉄槌を下すのが私の使命。

 

その手順を説明するね。

 

予告状を出す事によって、出された犯人は警察を呼ぶ。

 

私が、お宝を頂戴した後、みんなが集まっているところで、裏の手配書を警察官に見せる。

 

警察官と犯人は一緒にいるので、犯人はその場ですぐ捕まる。

 

犯人は警察署へ連行され、取り調べが始まるが、証拠が固まっているので即逮捕。

 

予告状を出す2つ目の理由がコレ。

 

そして、私は窓から風船で逃げ、そのまま、盗品を持って持ち主の所へ・・・。

 

完璧だねっ^^

 

怪盗080

イラスト by りるくてぃ



次のターゲットも、このやり方でKOよ。